アンゲーバ(英語表記)Ungava

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンゲーバ
Ungava

カナダ,ケベック州北部の半島部の呼称。アンゲーバ半島とも呼ぶ。 1895年現名称が公式に採用され,1912年に従来のノースウェスト准州からケベック州に併合された部分をさしたが,現在では,ハドソン海峡 (北) ,アンゲーバ湾およびラブラドル地方 (東) ,イーストメーン川 (南) ,ハドソン湾で囲まれた約 62万 2000km2の範囲をいう。自然地理的には,カナダ楯状地の一部をなし,氷食を受けて無数の湖沼がある,岩がちの台地である。東部のニューファンドランド・ラブラドル州ラブラドル地方との境界付近は,鉄鉱石の世界的産地である。アンゲーバの南西部はヌーボーケベックとして知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android