コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンコーレ王国 アンコーレおうこく

世界大百科事典 第2版の解説

アンコーレおうこく【アンコーレ王国】

東アフリカのウガンダにあった王国。1898年にイギリスは南西ウガンダのヌコーレNkore(Nkole)王国を保護下におき,以後1914年までに近隣のブフウェジュ,ブジンバ,イガラなどの小国を加えて新しいアンコーレAnkole王国をつくった。ヌコーレ王国は,かつて14~15世紀に西ウガンダからタンザニア西部にわたる広大な地域を支配したキタラ王国バチュウェジ王朝に端を発する。ヌコーレ初代の王ルヒンダはバチュウェジ最後の王ワララの子とされ,西ウガンダ一帯の地を支配した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のアンコーレ王国の言及

【王】より

…王は,日本の天皇がもつ〈三種の神器〉にあたるものをもたなければならない。たとえばアフリカにおいては,太鼓であったり(ウガンダのアンコーレ王国),床几であったり(ガーナのアシャンティ王国)する。しかしそれは,奪取すれば,その奪取した者が王の位に就くことができることを意味しない。…

※「アンコーレ王国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アンコーレ王国の関連キーワード原始国家

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android