コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンジジャン州 アンジジャンAndizhan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンジジャン〔州〕
アンジジャン
Andizhan

ウズベキスタン最東部の州。州都アンジジャンフェルガナ盆地東部にあり,西部は平野,東部はフェルガナ山脈,アライスキー山脈へ移行する山麓地帯からなる。シルダリアの源流カラダリヤ (川) が州を東から西に貫流する。都市人口が3分の1にすぎない農業地帯で,大フェルガナ,南フェルガナ,大アンジジャンなどの運河による灌漑地帯に綿花 (播種面積の4分の3) ,果樹などを栽培し,養蚕も盛んである。鉱工業では石油,天然ガスの採取,綿花洗浄,食品工業がおもである。アンジジャンを中心に鉄道が3方向に延び,コカンドとキルギスのオシを結ぶハイウェーが通る。面積 4200km2。人口 179万 5100 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android