コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンジュ諸島 アンジュしょとうostrova Anzhu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンジュ諸島
アンジュしょとう
ostrova Anzhu

ロシア北東部,北極海にあるノボシビルスキー諸島の主要部を占める島群。西よりベリコフスキー,コテリヌイ,ノーバヤシビリの島々から成り,総面積2万 9000km2。最高点はコテリヌイ島の 374m。この島の西半には古生層の露頭があるが,東半やほかの島々はおおむね第四紀の堆積物から成り,低平で植生は乏しい。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アンジュ諸島の関連キーワードノボシビルスク諸島ノーバヤシビリ島

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android