コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノボシビルスキー諸島 ノボシビルスキーしょとうNovosibirskie ostrova

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノボシビルスキー諸島
ノボシビルスキーしょとう
Novosibirskie ostrova

ロシア北東部,北極海にある島群で,東シベリア海ラプテフ海を分ける。サハ共和国に属し,ドミトリーラプテフ海峡をへだてて大陸と相対する。島群は大陸寄りのリャホフ諸島,その北のアンジュ諸島,北東に散在するデロング諸島の3群に分けられる。総面積約3万 8000km2。最大の島はアンジュ諸島のコテリヌイ島。最高点は同島の 374m。1年のうち9ヵ月は雪におおわれ,平均気温は1月-31~-28℃,7月1~3℃。ツンドラ地帯に入り,植生は乏しく,沼沢地が多い。ホッキョクギツネレミングなどが生息。夏季は鳥類が豊富。 1712年最南の大リャホフ島に初めて人が上陸,19世紀以降科学的調査が盛んとなり,大リャホフ島そのほかに調査基地が設けられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ノボシビルスキー諸島の関連キーワードノーバヤシビリ島サンニコフ海峡

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android