コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンジョレッティ Angioletti, Giovanni Battista

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンジョレッティ
Angioletti, Giovanni Battista

[生]1896.11.27. ミラノ
[没]1961.8.3. ナポリ
イタリアの小説家。 1929年から『フィエーラ・レッテラーリア』紙の編集長をつとめ,諸外国の文学を紹介して,ヨーロッパ作家同盟を創設するなど,文化交流面でも大きな役割を果した。主著『裁きの日』 Il giorno del giudizio (1927) ,『追憶』 La memoria (49) ,『大いなる招待』I grandi ospiti (60) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アンジョレッティの関連キーワード樋口一葉深刻小説トムソン(Sir Joseph John Thomson)内閣総理大臣シモンズ(Arthur Symons)スペンサー(Herbert Spencer)ラザフォード(1st Baron Rutherford of Nelson Ernest Rutherford)[各個指定]芸能部門ピエール キヤールたけくらべ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android