アンダーグラウンド・シアター自由劇場

デジタル大辞泉プラスの解説

アンダーグラウンド・シアター自由劇場

東京都港区西麻布にあった小劇場「自由劇場」の通称のひとつ。1966年開館。1996年閉館。ビルの地下階にあったことからこう呼ばれた。この名称が“アングラ演劇”(アングラはアンダーグラウンドの略)という日本では1960年代から70年代にかけて発生した小劇場演劇ムーブメントをさす呼称の起源とも言われる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android