コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小劇場演劇 しょうげきじょうえんげき

3件 の用語解説(小劇場演劇の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小劇場演劇
しょうげきじょうえんげき

小規模の劇場を拠点に,既成の演劇に対抗して行われる演劇運動。近代における演劇改革運動はおおむね小劇場に端を発しており,19世紀末のフランスの A.アントアーヌの小劇場,ロシアの K.スタニスラフスキーモスクワ芸術座小山内薫らの築地小劇場などがその先駆的存在。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

小劇場演劇

小劇場の空間で上演される演劇。商業主義の演劇に対し、演劇の先鋭なかたちを求める演劇人によって作られることが多い。19世紀末から20世紀初めにかけてフランス、英国、ドイツ、北欧など欧州で起こった近代劇の運動の多くは、小劇場演劇スタイルをとった。特に1960年代には、ニューヨークのオフ・オフ・ブロードウェーの前衛劇など、世界的な規模で小劇場での演劇活動が活発化。日本でも、60年代中頃以降、定員300人以下の小劇場を拠点に新劇、商業演劇など、既成の演劇の枠を超えた現代演劇を作ろうとする動きが盛んになり、アングラ演劇(アンダーグラウンド演劇の略)とも呼ばれた。創始者は唐十郎、寺山修司鈴木忠志、佐藤信、太田省吾ら。

(扇田昭彦 演劇評論家 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

小劇場演劇【しょうげきじょうえんげき】

1960年代半ば以降盛んになった日本の演劇運動。通常の劇場よりも,小劇場や屋外にテントを張った空間などを主に使用したことからこの名がある。また一般的には,アンダーグラウンド(地下)演劇を略した〈アングラ演劇〉という呼称も使われた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

小劇場演劇の関連キーワード学校劇劇場シアター・ギルド小劇場運動ハイベア演目時空空間実験劇場子ども劇場新人公演

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小劇場演劇の関連情報