アンダーソン(読み)あんだーそん(英語表記)Leroy Anderson

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンダーソン(Leroy Anderson)
あんだーそん
Leroy Anderson
(1908―1975)

アメリカの作曲家、指揮者。マサチューセッツ州生まれ。ハーバード大学時代にウォルター・ピストンほかに師事。教会オルガン奏者などを経て1935年からボストン・ポップスに編曲を提供。やがて自作管弦楽曲を発表して名声を得た。曲は短く、現代感覚と機知に富んでいる。『シンコペイテッド・クロック』(1948)と『ブルー・タンゴ』(1951)は1951年に大ヒットした。[青木 啓]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アンダーソンの関連情報