アンダーソン(Poul Anderson)(読み)あんだーそん(英語表記)Poul Anderson

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンダーソン(Poul Anderson)
あんだーそん
Poul Anderson
(1926―2001)

アメリカのSF作家。ペンシルベニア州生まれ。ミネソタ大学で物理学を専攻。SF作家として広く認められたのは人類進化テーマの『脳波』(1954)を発表してからで、これは彼の代表作の一つである。両親がスカンジナビア人であるせいで北欧の神話・伝説・歴史に造詣(ぞうけい)が深く、アマゾン伝説を下敷きにした『処女惑星』(1956)、14世紀の十字軍に取材した『天翔(か)ける十字軍』(1960)のようなSFを得意とし、またタイム・トラベル・テーマの作品も多く、破滅テーマの『審判の日』(1962)からハードSFの『アーバタール』(1978)まで手がける作域の広い多才な作家であった。

[厚木 淳]

『榎林哲訳『処女惑星』(創元推理文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android