アンチフェブリン(読み)あんちふぇぶりん

  • antifebrin

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (Antifebrin) アセトアニリドの薬品名。解熱・鎮痛薬。解熱力、毒性ともにアンチピリンより強い。
※矢はずぐさ(1916)〈永井荷風〉六「風邪心地の折とてもアンチフブリンよりは葛根湯妙振出しなぞあがなひて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のアンチフェブリンの言及

【アセトアニリド】より

したがって,アセトアニリドはアニリンにくらべて酸化を受けにくく,また求電子試薬に対する反応も穏やかである。アセチル化【小川 桂一郎】 アセトアニリドはアンチフェブリンantifebrinとも呼ばれ,19世紀末のコールタールを原料とする化学工業の発達とともに生まれた医薬。安価で比較的強力な解熱・鎮痛薬として,とくに頭痛や月経痛の緩解の目的などに家庭薬としても一時は広く使われた。…

※「アンチフェブリン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android