コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンツィオ Anzio

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンツィオ
Anzio

イタリア中西部,ラツィオ州ローマ県の港湾都市。ローマの南約 50km,長い砂浜があり,ヨットや漁船の小さな港がある海岸行楽地。伝説ではギリシアのオデュッセウスの息子アンテイアスが建設したという。ウォルスキ人が前5世紀頃ここを本拠とし,前 338年ローマに征服された。ローマ皇帝カリグラとネロの生地。中世初期イスラム教徒に占領され 1698年再建された。ローマ時代の別荘を再建したビラスピガレリにはフレスコ画やモザイクの床,彫像,コリオラヌスの墓として知られる洞窟がある。西の海岸にはローマ時代の港の遺跡や,ネロの別荘跡がある。ローマ-ナポリ間鉄道の支線の終点にあたる。漁業が主産業で,大きな石鹸工場やイワシの缶詰工場もある。ローマ市民の別荘地としても有名。第2次世界大戦中,1944年1月連合国軍が上陸し,その重要な橋頭堡となった。人口3万 2383 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アンツィオの関連キーワードジェームス アーネスローマ国立美術館アンチウムコンサルビ