アントニオ・エガス モーニス(英語表記)Antonio Egas Moniz

20世紀西洋人名事典の解説


1874.11.29 - 1955.12.13
ポルトガルの脳外科学者,神経学者。
元・リスボン大学教授,元・ポルトガル外相。
アヴェンカ生まれ。
コインブラ大学卒業後、パリ、ボルドーに留学、1902年コインブラ大学教授、’11〜45年リスボン大学神経学教授を務める。第一次大戦前は自由党国会議員としても活躍、’17年スペイン大使、外相となり、’18年パリの平和会議に出席。’23年政界を退き研究生活に戻り、’35年リマと共に初めてロボトミーを行い、脳血管の動脈撮影法を開発、ある種の精神病に対する前頭葉切除による治療法に成功、’49年ノーベル生理学医学賞受賞。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android