アントネッロ・ダ・メッシーナ(読み)あんとねっろだめっしーな(英語表記)Antonello da Messina

  • 1430ころ―1479

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルネサンス期の南イタリア最大の画家。メッシーナに生まれ、同地で没す。ナポリのコラントニオの下でフランドルの油彩技法を学んだと思われ、さらにミラノでペトス・クリストゥスに会っているともいわれる。1456年ごろから故郷のメッシーナで工房を開く。制作年の確かな最初の現存作品は『サルバトール・ムンディ』(1465。ロンドン・ナショナル・ギャラリー)である。1475~1476年にはベネチアに赴き、サン・カッシアーノ聖堂の祭壇画を制作(現在は断片のみウィーン美術史博物館に所蔵)、ジョバンニ・ベッリーニとは相互に深い影響を与え合った。フランドルの緻密(ちみつ)で明るい色彩に、イタリアの荘重な構図を巧みに融合させ、『ピエタ』(プラド美術館)、『聖セバスティアヌス』(ドレスデン国立絵画館)などの宗教画のほか、多くの優れた肖像画も残している。

[篠塚二三男]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android