コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンドロギュノス androgynous

翻訳|androgynous

大辞林 第三版の解説

アンドロギュノス【androgynous】

プラトン作「饗宴」の中で想定される人間の原初的な姿で、人間二人が一体となっているもの。ゼウスにより一人一人に分割されたため、互いにその片割れを恋い慕うようになり、恋愛が発生したとされる。 → 両性具有

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のアンドロギュノスの言及

【両性具有】より

…一般に,男女両性を兼ねそなえた存在のことをいい,ギリシア語ではアンドロギュノスandrogynos。これに関して最もよく知られる物語は,プラトンの《饗宴(シュンポシオン)》に登場するアリストファネスの演説であろう。…

※「アンドロギュノス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

アンドロギュノスの関連キーワード性(sex)両性具有片割れ

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android