アンフォーラ(読み)あんふぉーら(英語表記)amphora

翻訳|amphora

日本大百科全書(ニッポニカ)「アンフォーラ」の解説

アンフォーラ
あんふぉーら
amphora

ギリシア陶器の一種。「双把手(そうとって)」の意。円筒形の頸部(けいぶ)と大きく膨らんだ胴部、安定した水平の台部、それに頸部から胴部にかけて垂直の二つの把手のある器である。多くはつまみのついた蓋(ふた)があった。ギリシア陶器のなかではもっとも用途の広い器で、水、ぶどう酒、油などの貯蔵用に用いられたほか、上製のものは食卓にも供された。特殊なものに、パンアテナイアの祭典に用いられた底部の細くなった黒絵式のアンフォーラがある。大きく広い胴部は陶画にかっこうの場を提供した。

[前田正明]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android