コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンブル岬 アンブルみさきCap d'Ambre

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンブル岬
アンブルみさき
Cap d'Ambre

マダガスカル最北端,インド洋に突出する灯台がある。岬の背後には火山性のアンブル山がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンブル岬
あんぶるみさき
Cap d'Ambre

南東アフリカ、マダガスカル島最北端の岬。南緯11度55分、東経49度15分に位置する。灯台があり、背後にはアンブル火山(1479メートル)がそびえる。[堀 信行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アンブル岬の関連キーワード信行

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android