コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンボアーズ城 アンボアーズジョウ

デジタル大辞泉の解説

アンボアーズ‐じょう〔‐ジヤウ〕【アンボアーズ城】

Château d'Amboise》フランス中西部、アンドル‐エ‐ロアール県の都市アンボアーズロアール川を見下ろす高台にある城。15世紀末、シャルル8世がゴシックフランボワイヤン様式に改築。城壁内のサンユベール礼拝堂には、レオナルド=ダ=ビンチが埋葬されている。新教徒ユグノー派が、カトリック支持者ギーズ公から幼いフランス王フランソワ2世の奪回を企てたものの、裏切りにより発覚、その結果多くの新教徒が虐殺された1560年の事件、「アンボアーズの陰謀」の地として知られる。ロアール渓谷流域の古城の一つとして、2000年に「シュリー‐シュル‐ロアールとシャロンヌ間のロアール渓谷」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。アンボワーズ城

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android