コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アン-ハサウェイの家 アンハサウェイのいえ

1件 の用語解説(アン-ハサウェイの家の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

アンハサウェイのいえ【アン-ハサウェイの家】

イギリスのイングランド中部のストラトフォードアポンエイヴォン(Stratford-upon-Avon)郊外、ショッテリー村にある家屋。ストラトフォードアポンエイヴォンは文豪ウィリアムシェークスピア(William Shakespeare、1564~1616年)の故郷として世界的に知られる町である。シェークスピアは18歳のとき、8歳年上のアン・ハサウェイと結婚したが、ショッテリー村には、アンが生まれ、結婚するまで暮らした萱葺(かやぶ)き屋根の生家(15世紀中ごろに建設された農家)が当時のまま保存されている。内部には当時の暖炉やパン焼き窯も残っている。シェークスピアの生家からは2kmほどのところにあり、散策路が整備されている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アン-ハサウェイの家の関連キーワードイギリス東インド会社ハイランドバノックバーンストラトフォードアポンエーボンローランドチェビオットイングリッシュ・シンフォニアシェークスピア生誕祭Hastingsイギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone