コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

暖炉/煖炉 ダンロ

7件 の用語解説(暖炉/煖炉の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

だん‐ろ【暖炉/×煖炉】

火をたいて部屋を暖める炉。特に、壁に設けたもの。 冬》「一片のパセリ掃かるる―かな/不器男」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

暖炉【だんろ】

壁に造りつけられた暖房用の炉。近世以降,ヨーロッパで普及した。煉瓦積みの炉の覆いと煙道は壁体の中に隠され,室内側にある炉のたき口には,周囲を装飾的に囲むマントルピースが設けられた。
→関連項目暖房

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

リフォーム用語集の解説

暖炉

室内に作りつけられた暖房装置の一種。耐火煉瓦や石材などを用いて室内の壁面に作られた凹型の炉で煙突で家屋の外部と直結している。

出典|リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

だんろ【暖炉 fireplace】

壁に造りつけられた採暖のための炉。ヨーロッパで一般化するのは近世以降のことである。中世の建物では,1階の広間には炉open hearthが設けられ,煙は屋根のルーバーから抜くのが一般であった。しかし当時でも,2階の部屋には壁体に煙道chimney flueを埋め込んだ壁つき暖炉が設けられていた。この時代には,煙を煙道に導くための覆いは木造であり,そこにプラスターあるいは土を塗って耐火性をもたせていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

だんろ【暖炉/煖炉】

建物の中で薪(まき)や石炭などを用い、火を燃やして暖をとるための装置。焚(た)き口が室内に開いていて、煙突を使って給排気する。現在はガスや電気を使用するものも多い。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

暖炉
だんろ

マントルピース」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

暖炉
だんろ
fireplace

(まき)などを熱源とした直火(じかび)からの放射熱で採暖し、人体に害となる煙は煙突で排出する機構をもつ、建物と一体化した暖房用設備をいう。設置場所は壁に設ける場合が多いが、この形式をとくに壁付暖炉、または、イギリスで多用されたためイギリス暖炉ともよぶ。[吉田治典]

発展の歴史

暖炉は、部屋の中央に設けた炉床hearthで火を焚(た)き、煙は上部に設けた開口から排出するという、どの民族にも共通の原始的な暖房法を起源とし、建物が石造やれんが造という耐火構造に移行しだしたヨーロッパで、12世紀以後発展したものである。つまり、中央の火を耐火性の壁際に寄せることが可能となり、ついには、火床と煙突を一体化して壁に組み込む現在の暖炉へと発展した。火を壁際にもってきた理由には、部屋の個室化に伴う中央位置の不便さ、壁を利用した煙突の設置などがある。したがって、多人数が用いるホールでは、火を中央に置いた暖房法も継続して用いられた。
 暖炉の発展に際し重要な点は、煙の完全な排出と、熱エネルギーの有効利用である。煙対策の点では、15世紀以降に種々のくふうがなされて十分完成したが、エネルギー効率の点では不十分で、高温の煙をそのまま放出してしまうため、効率は20~30%にとどまる。寒冷な気候のドイツ・北欧・ロシアでは、この暖炉の欠点をなくし、煙から熱を十分に回収するために、火を開放せず、煙を内部で循環させ、熱効率を60~80%にまで高めるくふうがなされた。ドイツのカッヘルオーフェン、ロシアのペチカがこれにあたる。これらは蓄熱の効果も有するため、燃料投入の回数が少なくても、暖房効果が持続する利点ももっている。一方、アメリカでは、18世紀に総鋼板製のペンシルベニア暖炉(のちにフランクリンストーブとよばれた)が発明され、以後、鋼板製の高効率ストーブとして発展した。また、わが国での暖炉の使用は、西洋建築が導入された明治以後になるが、西洋建築以外に導入されるほどには普及しなかった。
 暖炉は、暖房という機能のほかに、わが国の床の間にあたる、部屋の装飾の中心としての役割をもち、暖炉の上部には絵画などの調度品が置かれ、暖炉の周囲には、マントルピースとよばれる、ロココ風、バロック風など、その時代に応じた装飾が施された。近代になって、その低効率性、ガス・電気への燃料転換、灰処理の煩雑さ、中央暖房の発達などにより暖炉は実質上の役割を失ったが、火を見て暖まりを感ずる心理的充足感、およびインテリア計画の一要素としての役割は消え去っておらず、現在でも趣味的に設置することもある。[吉田治典]

構造

暖炉は次のような主要部により構成される。(1)炉床 火を焚く床部分で、室内に40~50センチメートル突き出ている。(2)炉室 炉床と、それを取り巻く壁によりつくられる部分をいう。熱がこの壁から放射され、暖を与える。(3)ダンパー 煙道と炉床の間にある、可動な調整弁。(4)煙棚(けむりだな) ダンパーのすぐ後ろにある水平面で、ダンパーとともに、煙道からの冷気が室内に侵入するのを防ぐ。(5)煙室 焚き始めに一時煙を蓄える、煙道の最下部にあるフード状の空間。(6)煙道 焚き口面積の1/7~1/10の断面積をもつ、煙排出用の筒。(7)灰出口 灰処理用の口。下階にスペースがない場合は設けられないこともある。[吉田治典]
『「住宅設備特集2 暖房」(『建築界』第3巻12月号所収・1954・理工図書) ▽日本建築学会編『設計計画パンフレット10 住宅の暖房設計』(1960・彰国社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の暖炉/煖炉の言及

【煙突】より

…中世まで,アルプス以南の諸国では床下からの暖房を行ったため,またアルプス以北では天井上の煙出しから排煙したので,ともに特別目立つ煙突を設けなかったからである。中世末以降,暖炉が整備される過程で煙突も生じてくる。とくにフランス・ルネサンス建築では高い屋根に煙突を林立させることが建築表現の特徴となった。…

【マントルピース】より

暖炉の炉の上部・側面を囲むかたちで壁面に設けられる飾枠。木,煉瓦,タイル,石,大理石等で造られ,室内の重要な装飾要素となる。…

※「暖炉/煖炉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

暖炉/煖炉の関連キーワード気付け縛り付ける人生のための芸術ヨーロピアン織付け壁に塗られた田螺火葬炉盛り付け箸サティ:犬のための本当にぶよぶよした前奏曲/piano solo造り付け家具(作りつけ家具)

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone