アヴァール人(読み)アヴァールじん(英語表記)Avars

旺文社世界史事典 三訂版の解説

中央アジアのモンゴル系遊牧民
460年ごろ南ロシアに現れ,1世紀後パンノニア(現ハンガリー西部)に移動し,エルベ川に達する大帝国を建設。コンスタンティノープルを再び攻撃した。7世紀後半より動揺が起こり,8世紀末フランク王国のカール1世(大帝)に撃破され,ブルガリア人にも敗れて,マジャール人に吸収された。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アヴァール人の関連情報