コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アヴラミの式 Avrami's equation

1件 の用語解説(アヴラミの式の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

アヴラミの式【Avrami's equation】

もともと一定温度条件下における金属の相変化過程を記述するために提案された式であるが,過冷却状態にある高分子物質が結晶(球晶など)を生成する場合にもよく適合する.無定型層の体積分率を a としたとき

a=exp(-ktm

のようになる.ここで k を結晶化の速度定数,m をアヴラミの指数という.アヴラミの指数は結晶成長の様式と結晶成長の次元によって1 ~ 4の値をとる.

出典|朝倉書店
法則の辞典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone