コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

結晶成長 けっしょうせいちょうcrystal growth

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

結晶成長
けっしょうせいちょう
crystal growth

結晶構造をもつ物質が,気相,液相,溶液,非晶質などから結晶核を生じ,それが次第に大きい結晶になることを総称していう。狭義には,結晶核が成長することをさし,結晶核生成と結晶成長とに分けて扱う。結晶核形成は過冷却 (過飽和) がある程度に達したとき最も速いが,容器の壁や異物がもとになって核が形成される場合も多い。結晶成長速度は一般に核形成よりも小さい過冷却度のときに速い。成長速度の速い場合,成長は物質の拡散や潜熱の伝達などの輸送現象に支配され,樹枝状晶となる。過冷却度が小さく成長速度の遅い場合,結晶構造に特有な結晶面が結晶の表面となり,規則的な外形となる。このとき結晶表面には渦巻模様がしばしば現れる。 (→渦巻成長 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けっしょうせいちょう【結晶成長 crystal growth】

ミョウバン,炭酸ナトリウム,食塩,ハイポ(チオ硫酸ナトリウム)を水に溶かし長時間密栓せずに放置すると,容器の底にそれぞれの特有な外形をもった固体(結晶)が出現し,しだいに大きくなっていく。そのままさらに放置すると,それぞれの個体はやがて互いに接触・固着して一塊となる。北国では冬の朝さまざまな形をした霜が窓ガラスについているのを見かけるし,また,軒端には日ごとに長さを増すつららを見受ける。長時間冷蔵庫中に放置された氷は条件によっては最初と後で氷の粒径,数に差を生ずる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の結晶成長の言及

【晶析】より

…晶出ともいう。通常は液相から固相が単結晶として析出する現象をいうが,広義には,凝集物の析出現象や気相からの固相の析出(逆昇華)も,その機構がほぼ同一視されるためこれに含めることがある。 液相からの晶析には,水からの氷の晶析のような一成分系(融液)からの析出現象と,ショ糖水溶液からのショ糖の晶析のような溶液からの溶質成分の析出現象とがある。このような液相からの晶析現象を温度とともに飽和濃度が大きくなる溶液系を例に説明する。…

※「結晶成長」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

結晶成長の関連キーワードエピタキシャル・プレーナ型トランジスタエピタキシャル・プレーナ型ダイオード成長接合型トランジスタゲッタウェースペシャルシンキネマティック組織分子線エピタキシー分子線エピタクシーエピタキシャル成長人工ダイヤモンド面角一定の法則デンドライト表面成長組織流動点降下剤単原子層成長アヴラミの式後造構時成長ハーンの分類エピタキシー偽斑状変晶質金属転位論

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

結晶成長の関連情報