コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アーガイル・ロバートソン瞳孔 アーガイル・ロバートソンどうこうArgyll Robertson's pupil

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アーガイル・ロバートソン瞳孔
アーガイル・ロバートソンどうこう
Argyll Robertson's pupil

反射性瞳孔強直 pupillary rigidityともいう。瞳孔の反応のうち,対光反応は消失するが,輻輳反応および閉瞼反応は存在する状態。脊髄癆および進行麻痺 (→梅毒 ) の重要な症状である。 D.アーガイル・ロバートソン (1837~1909) はスコットランドの医師。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android