コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アートフィルター ああとふいるたあ,あーとふぃるたー

1件 の用語解説(アートフィルターの意味・用語解説を検索)

カメラマン写真用語辞典の解説

アートフィルター

 オリンパスが、平成20 (2008) 年12月発売のデジタル一眼レフ 「E-30」 以降、同社のレンズ交換式デジタルカメラに搭載している新機能。従来、撮影シーンの忠実な再現に力を注いできたカメラメーカーが、撮影時にカメラ内蔵のフィルターによって、肉眼とは異なるアーティスティックな映像を作り出せるようにしたもの。  特殊レンズや特殊フィルターアタッチメント、そして一般的にはパソコンインストールした画像加工ソフトで行っていたクリエイティブな作業を、カメラ本体で、撮影時に効果を確認しながら、誰でも簡単に楽しめるようにしたいというオリンパス企画陣のアイデアにより盛り込まれた。  E-30 、その後に発売された E-620 に搭載されたアートフィルターは全6種類。ポップアート、ファンタジックフォーカス、デイドリームライトトーン、ラフモノクローム、トイフォト。撮影できるのはJPEG画像のみで、保存はアートフィルター処理後の画像となる。通常撮影した画像も記録しておきたい場合は、カメラの設定をJPEGとRAWの同時記録にしておく必要がある。また、効果に強弱の調節機能などは、現在のところない。

出典|カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

アートフィルターの関連キーワードインパストオリンパスコンパス座キャンパスバトンパス比例コンパスグランパス竿コンパスライトボックスモードコンパスナビ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アートフィルターの関連情報