コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アート・アンド・テクノロジー (experiments)arts and technology

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アート・アンド・テクノロジー
(experiments)arts and technology

1966年初め,R.ラウシェンバーグとベル電話研究所の B.クリューバーの提案によって結成された,芸術と電気テクノロジーの結合の可能性を追求しようとした機関。ラウシェンバーグのほか,作曲家の J.ケージ,舞踏家の M.カニングハム,ピアニストの D.テュードアら,ニューヨークの芸術家たちとベル電話研究所の技師から成っていた。 66年,「演劇とエンジニアリングの9晩」を開催。各作家1人に技師1人が協力して 10の作品が上演された。装局携帯無線電話,スクリーン,赤外線テレビ,電子音響装置,リモートコントロール・システムなどを技師の協力によって活用し,観客参加や日常性の表現など,テクノロジーを使用した新しい表現形態として以後に大きな影響を与えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アート・アンド・テクノロジーの関連キーワードホログラフィック・アートテクノロジカル・アートE.A.T.

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android