アーノルド フィシュキン(英語表記)Arnold Fishkin

20世紀西洋人名事典の解説

アーノルド フィシュキン
Arnold Fishkin


1919.7.20 -
米国のジャズ奏者。
ニュージャージー州バイアン生まれ。
14歳からベースを学び、1937年バニー・ベリガンのバンドでプロデビュー。’42〜46年兵役に服す。’47〜50年レニー・トリスターノの門下生として活躍後、LAに移り、チャーリー・バネット等のバンドに参加する傍ら、スタン・ゲッツ、ショーティ・ロジャースと共演。’50年代後半にNYに戻り、トリスターノと活動を再開したが、’50年代末にはジャズ界から引退。代表作「リー・コニッツ・ウィズ・トリスターノ」等。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android