コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アーノルド・キアリー奇形という病名について あーのるどきありーきけいというびょうめいについて

1件 の用語解説(アーノルド・キアリー奇形という病名についての意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

あーのるどきありーきけいというびょうめいについて【アーノルド・キアリー奇形という病名について】

 ドイツの医師、キアリー博士が19世紀に報告した4つの小脳(しょうのう)の病変のうち、第2番めの病態をキアリーⅡ型奇形(がたきけい)といいます。
 ところが、このキアリーⅡ型奇形の報告は、最初にアーノルド博士(ドイツの医師)が行ない、ついでキアリー博士が行なったというように誤って伝えられ、アーノルド・キアリー奇形という病名が用いられるようになり、この病名が普及しました。
 キアリーⅡ型奇形が医学的に正しい病名です。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

アーノルド・キアリー奇形という病名についての関連キーワードギムナジウム西ドイツワイマールターレルドイツ文字リーベ統一ドイツフーズム河内博遠ホルメンコール

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone