コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アールベルク・スキー術 アールベルクスキーじゅつ

百科事典マイペディアの解説

アールベルク・スキー術【アールベルクスキーじゅつ】

オーストリア・スキー術の一つ。H.シュナイダーが考案。急峻(きゅうしゅん)な山岳地帯を滑り降りる技術にすぐれ,アルペン競技の基礎がつくられた。シュナイダーは1909年,ザンクト・アントンにスキー学校を開設し,スキー術の普及に貢献した。
→関連項目アールベルク[峠]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のアールベルク・スキー術の言及

【シュナイダー】より

…オーストリアのシュトゥーベン出身。ノルウェー・スキー術とオーストリア・スキー術を結びつけたアールベルク・スキー術を考案した。1909年にザンクト・アントンにスキー学校を開設し,天才的なスキー指導で知られたが,38年ナチスのユダヤ人追放でアメリカに亡命,ノース・コンウェー(ニューハンプシャー州)を根拠地にアメリカのスキー発展に尽力,同地で病没した。…

※「アールベルク・スキー術」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アールベルク・スキー術の関連キーワードハンス シュナイダー

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android