コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イアッコス Iakchos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イアッコス
Iakchos

古代ギリシアの神。エレウシス密儀で,入信者たちがアテネからエレウシスまで行列しながらあげるかけ声の神格化された存在で,ゼウスがデメーテルまたはペルセフォネに生ませた子とされて,密儀の主神である大女神たちと結びつけられ,またオルフェウス教の神ザグレウス生れ変りともみなされ,ディオニュソスとも同一視された。幼児の姿で手にたいまつを持ち,踊りながら信徒たちの列を導くと信じられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のイアッコスの言及

【ディオニュソス】より

…それはやがて,彼がデルフォイのアポロン神殿において,アポロンが神殿を留守にする冬の間を預かる神としてまつられるに至って,いくぶん鎮静された形で公的宗教の中に受け入れられた。その一方,彼はザグレウスZagreusの名の下にオルフェウス教の大神に,またイアッコスIakchosの名の下にエレウシスの大秘教の主神のひとりとなったため,冥界とのつながりが生じ,ヘレニズム期以降には彼自身の秘教が大流行した。これはかつての集団的狂乱と陶酔の祭儀とは別の,来世での幸福を願うもので,海を渡ったイタリアでも人気を保ちつづけた。…

※「イアッコス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android