コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イエナのシラー記念館 イエナのシラーきねんかん

1件 の用語解説(イエナのシラー記念館の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

イエナのシラーきねんかん【イエナのシラー記念館】

ドイツ中央部のテューリンゲン州ワイマール(Weimar)から列車で15分ほどの位置にある、緑豊かな大学町イエナJena)に現存する唯一の、ドイツの文豪シラー(Johann Christoph Friedrich von Schiller、1759~1805年)が暮らした庭付きの家。シラーは、1789年に、ゲーテの推挙によりイエナ大学の歴史学教授に就任するなど、イエナとの関わりも深い。1797年から1799年11月にゲーテのいるワイマールに移住するまで、彼は家族とともに夏の間、この家で暮らした。彼はこの家で『ヴァレンシュタイン』を書きあげ、さらに戯曲『メアリー・ステュアート』の執筆に着手した。ゲーテやフィヒテのような著名な人物も、この家にシラーを訪ねている。この家ではシラーが使っていた部屋が再現され、イエナ時代に関する資料が展示されている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イエナのシラー記念館の関連キーワードチューリンゲンテュービンゲンワイマールワルトブルク城ロートリンゲンエリザベート教会クレーマー橋クレクリンゲンヘルダー教会チューリンガー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone