イギリスの国会議事堂(読み)イギリスのこっかいぎじどう

世界の観光地名がわかる事典の解説

イギリスのこっかいぎじどう【イギリスの国会議事堂】

イギリスの首都ロンドン中心部のミルバンク、テムズ川河畔にある宮殿。現在、イギリス議会が議事堂として使用している。◇正式名称は「ウェストミンスター宮殿」。有名な時計塔、ビッグベンが併設されている。1045年にウェストミンスター大聖堂の建設に着手した際、その建設を見守るため隣接してつくられた建物がその前身。その後、王宮として使用されたこともあったが、1834年10月16日の火災で宮殿の大半は焼失し、現存のネオゴシック様式の建物として再建され、1860年には現在残るすべての建物が完成した。世界遺産に登録されている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android