コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イギリスの国会議事堂 イギリスのこっかいぎじどう

1件 の用語解説(イギリスの国会議事堂の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

イギリスのこっかいぎじどう【イギリスの国会議事堂】

イギリスの首都ロンドン中心部のミルバンクテムズ川河畔にある宮殿。現在、イギリス議会議事堂として使用している。◇正式名称は「ウェストミンスター宮殿」。有名な時計塔、ビッグベンが併設されている。1045年にウェストミンスター大聖堂の建設に着手した際、その建設を見守るため隣接してつくられた建物がその前身。その後、王宮として使用されたこともあったが、1834年10月16日の火災で宮殿の大半は焼失し、現存のネオゴシック様式の建物として再建され、1860年には現在残るすべての建物が完成した。世界遺産に登録されている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イギリスの国会議事堂の関連キーワードウエストエンドフリートストリート倫敦ベーズウオーターボンドストリートミレニアムブリッジロンドンアイロンドン大火記念塔ロンドン・クラシカル・プレイヤーズ

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone