コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イサベル様式 イサベルようしき

世界大百科事典 第2版の解説

イサベルようしき【イサベル様式】

スペインのカスティリャ女王イサベル1世にちなむ,スペイン後期ゴシックの様式名。主に15世紀末から16世紀初頭の建築に用いられる。共にアルプス以北の系譜をひくシモン・デ・コロニアSimon de Coloniaとフアン・グアスJuan Guasによって確立され,バリャドリードのサン・グレゴリオ学堂やサン・パブロ教会ファサードにみられるように,北方ゴシックとムデーハルの様式との融合様式で,過剰装飾を特徴とする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のイサベル様式の言及

【スペイン美術】より

…奪回の遅れた南部セビリャに建てられた,世界で3番目に大きいキリスト教教会のセビリャ大聖堂(15~16世紀)は,モスクの跡地に建てられたこともあって長方形プランで水平性が強く,鐘楼となっているヒラルダの塔とみごとな調和を見せている。後期ゴシックが,そのムデーハル化ともいうべき国民様式のイサベル様式を発展させたのは注目に値する。ゴシック美術ロマネスク美術
[ルネサンス以降]
 ルネサンス(16世紀)は,ゴシックとは逆に,きわめてスペイン的な様式から純イタリア様式へと展開した。…

※「イサベル様式」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イサベル様式の関連キーワードサンファンデロスレイエス修道院サンパブロ教会マヌエル様式スペイン美術古都トレド

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android