コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イシュタルの冥界下降 イシュタルのめいかいかこうDescent of Ishtar to the Nether World

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イシュタルの冥界下降
イシュタルのめいかいかこう
Descent of Ishtar to the Nether World

バビロニア=アッシリア文学の一つ。アッカド語の神話。前2千年紀のシュメール語版に,ほぼ同形の神話がある。アッカド語版には,ニネベアッシュールバニパルの図書館跡出土のN版とアッシュール出土のA版との2種類がある。N版は前7世紀中頃のもので,後者はそれよりも少し古い。豊穣の女神イシュタル (シュメールのイナンナ) が,敵であり姉である冥界の女王エレシュキガルと対決するために冥界へ下降するが,拘留され,身代りを差出す条件で地上へ帰還して,留守中に喪に服さずにいた夫タンムズを身代りとして冥界へ降ろす物語。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

イシュタルの冥界下降の関連キーワードバビロニア=アッシリア文学バビロニア

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android