コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イスカンダル・ムダ Iskandar Muda

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イスカンダル・ムダ
Iskandar Muda

[生]?
[没]1636
スマトラ北西端のアチェ王国最盛期の王 (在位 1607~36) 。マラッカ海峡沿岸のイスラム系諸国とともにオランダ東インド会社と協力して,しばしばマラッカ港を封鎖し,ポルトガル人を苦しめた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のイスカンダル・ムダの言及

【アチェ[州]】より

…16世紀以降,バンダ・アチェに拠るアチェ王国がコショウ貿易の隆盛を基に勢力を拡大,この地方を支配下に置いた。同王国はイスカンダル・ムダ治政下(1607‐36)に最も栄え,版図をスマトラ南西岸にまで拡大したが,17世紀末から内紛が続き衰退した。20世紀初め,アチェ戦争での抵抗も空しくオランダの支配下に入れられた。…

※「イスカンダル・ムダ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イスカンダル・ムダの関連キーワードヒカヤット・アチェヒカヤット・アチェ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android