コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池田宗旦 イケダソウタン

デジタル大辞泉の解説

いけだ‐そうたん【池田宗旦】

[1636~1693]江戸前期の俳人。通称、俵屋孫兵衛。摂津国伊丹(いたみ)の人。伊丹で国文俳諧を教えた。松井宗旦。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いけだそうたん【池田宗旦】

1636~1693) 江戸前期の俳人。京都の人。松江重頼に師事。のち、摂津伊丹に移り、伊丹風の祖と仰がれた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

池田宗旦の関連キーワード古沢鸞動松江重頼伊丹風池田師事

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android