イスマーイーリーヤ(英語表記)Al-Ismā`īlīyah

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イスマーイーリーヤ
Al-Ismā`īlīyah

エジプト北東部,スエズ運河のほぼ中央,ティムサ湖の北西岸にある都市。イスマーイーリーヤ県の県都。 1863年スエズ運河会社が運河掘削基地として建設し,イスマーイール王にちなんで名づけた町。町の中央に運河管理事務所があり,水先案内人はここで交代する。町はフランス風の広場,庭園,街路が整備されている。第3次中東戦争の結果,1967~73年運河をイスラエルに奪われたが,75年の運河再開後,ここでイスラエルとの和平会談がたびたび開かれている。南のスエズおよび北のポートサイド,西のカイロおよびアレクサンドリアとは,鉄道および幹線道路で結ばれている。人口 23万 6300 (1986推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android