コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イスラエルの12支族 イスラエルのじゅうにしぞくTwelve tribes of Israel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イスラエルの12支族
イスラエルのじゅうにしぞく
Twelve tribes of Israel

旧約聖書では,イスラエルは,イスラエルおよびユダの独裁制の確立まで,イサクの次子ヤコブ (イスラエル) に由来する 12の支族から成る同族集団であった。その 12の支族の族長はヤコブの 12人の息子であり,おのおの,リアを母とするルベン,シメオンレビ,ユダ,イッサカル,ザブロン。ゼルファを母とするガド,アシェル。ラケルを母とするヨゼフ,ベンジャミン。バラを母とするダン,ネフタリである。しかしヨゼフの子エフライムとマナセをこれに加えるときはレビを除いて 12支族とする。一般にはイスラエルの各支族の起源はきわめて複雑であるため,1つの家族から由来するとは考えがたく,ほかの種族から追放されたりしたものがそのなかに入り込んだり,そこから追放されたりという変動があったと考えられるが,いずれにしても 12という支族数は一定に保たれていた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

イスラエルの12支族の関連キーワードルベン族レビ人

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android