コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イスラムホジャミナレット

デジタル大辞泉の解説

イスラムホジャ‐ミナレット

Islom Ho'ja Minorasi》ウズベキスタン西部、ホラズム州の都市ヒバにある尖塔。高さ45メートル。イチャンカラ(内城)と呼ばれる旧市街に位置する。ブハラハン国の大臣イスラム=ホジャが創設した神学校、イスラム‐ホジャ‐メドレセに隣接する。青色と黄色の彩釉(さいゆう)タイルで縞状に装飾され、ヒバで最も高い建物として知られる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android