コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イスラム・ガラス イスラム・ガラス Islamic glass

1件 の用語解説(イスラム・ガラスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イスラム・ガラス
イスラム・ガラス
Islamic glass

西アジアを中心とするイスラム文化圏で作られたガラス器の総称。その地域は広大で,7~19世紀に中央アジアインドアフガニスタンから,西はイベリア半島に及ぶ。その中心地は西アジアイランイラクシリアトルコエジプト,中央アジアのサマルカンドタシケントなどで,最盛期は8~16世紀頃。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のイスラム・ガラスの言及

【ガラス工芸】より

…しかしローマン・グラスはローマ帝国の滅亡と運命をともにして衰え,5世紀以降急速に姿を消してゆき,巨大なローマ文化圏であった各地にその痕跡をとどめる程度に零落していった。
[イスラム・ガラス]
 ローマン・グラスの衰退とは対照的に,西アジアのササン朝では4世紀ころより王室工房を中心に,高水準のカット・グラス器や円文装飾のガラス製品が優れたデザイン管理のもとに大量生産され,広く国外に貿易されていった。このササン・ガラスと全盛を極めたローマン・グラスの双方の伝統をともに継承したのが,シリア海岸のガラス産地やダマスクス,アレクサンドリアなどを中心地とするイスラム・ガラスである。…

※「イスラム・ガラス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イスラム・ガラスの関連キーワードイスラム哲学東西交渉史東アジアイスラム帝国ザムザムの泉東南アジア考古学会内陸アジア史学会イスラム諸国会議中央アジアのイスラムイスラム文明

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone