コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イスラム・ガラス イスラム・ガラスIslamic glass

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イスラム・ガラス
Islamic glass

西アジアを中心とするイスラム文化圏で作られたガラス器の総称。その地域は広大で,7~19世紀に中央アジア,インド,アフガニスタンから,西はイベリア半島に及ぶ。その中心地は西アジアのイラン,イラク,シリアトルコエジプト,中央アジアのサマルカンドタシケントなどで,最盛期は8~16世紀頃。とりわけエジプトのアレクサンドリア,シリアのダマスカスアレッポは 10~15世紀にその中心地となり,高度のガラス工芸が栄えた。また 16~19世紀にはイランのシーラーズやインドのデリーなどで盛んになり,トルコのイスタンブールでも作られるようになった。ガラス器は日常食器,ランプ,医療・理化学器具,装飾品など多種多様で,カット,エナメル彩色,鍍金が装飾技法の中心であるが,宙吹き仕上げに溶着装飾を施したものも多い。なかでもエナメル彩色に最も大きな特色が発揮されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のイスラム・ガラスの言及

【ガラス工芸】より

…しかしローマン・グラスはローマ帝国の滅亡と運命をともにして衰え,5世紀以降急速に姿を消してゆき,巨大なローマ文化圏であった各地にその痕跡をとどめる程度に零落していった。
[イスラム・ガラス]
 ローマン・グラスの衰退とは対照的に,西アジアのササン朝では4世紀ころより王室工房を中心に,高水準のカット・グラス器や円文装飾のガラス製品が優れたデザイン管理のもとに大量生産され,広く国外に貿易されていった。このササン・ガラスと全盛を極めたローマン・グラスの双方の伝統をともに継承したのが,シリア海岸のガラス産地やダマスクス,アレクサンドリアなどを中心地とするイスラム・ガラスである。…

※「イスラム・ガラス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イスラム・ガラスの関連キーワードビザンチン・ガラスベネチア・ガラスシリア・ガラスカットグラスイスラム美術

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android