コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イズベスチア Izvestiya

大辞林 第三版の解説

イズベスチア【Izvestiya】

〔報道の意〕
旧ソ連最高会議幹部会発行の政府機関紙で、1917年創刊の日刊紙。プラウダと並ぶソビエト体制下の代表的新聞であったが、ロシア連邦となってからは政府機関から独立。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イズベスチア
いずべすちあ
Известия Izvestiya

旧ソ連政府の機関紙として1917年ペトログラード(サンクト・ペテルブルグ)で創刊された新聞。共産党機関紙『プラウダ』とともに代表的な新聞として存在した。「イズベスチア」はロシア語でニュースの意。ソ連解体後1991年に独立し、新興財閥オネクシム銀行グループの支配下に入った。発行部数24万部(2008)。歴史的には、ソビエト連邦労働者代表『ソビエト通報』として、最高会議幹部会が発行、ソ連政府と外国政府の関係、中央・地方各レベルの政府活動を中心に報道された。フルシチョフ首相の女婿アジュベイ編集長時代(1958~1964)に紙面を刷新、部数を急増させ、一時は1000万部を超えていた。1997年4月、チェルノムイルジン首相の私財蓄積疑惑を報道したため、株主の介入を受け分裂、ゴレムビオスキー元編集長は、同年11月『新イズベスチア』を新たに創刊した。しかし、本体の『イズベスチア』は経営主が転々とし、2005年6月ガスプロムが買収、さらに2008年には「全国メディアグループ」が経営権を取得した。[小松原久夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

イズベスチアの関連キーワードニコライ ブハーリンレフ トルクノフユーラシア連合カラハン宣言ロシア連邦ブハーリンラデックベック日刊紙

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android