イソインドリノン顔料(読み)イソインドリノンがんりょう(英語表記)isoindolinone pigment

世界大百科事典 第2版の解説

イソインドリノンがんりょう【イソインドリノン顔料 isoindolinone pigment】

黄色を中心とした高級顔料の一種で,テトラクロロイソインドリノン基が各種の芳香核を経て2個対称形に連結した構造をもつ。芳香核の種類により色は黄~橙~赤に及び,耐光堅牢度,耐熱性が大であり,大きな特徴として有機溶媒やプラスチックに対しブリード(にじみ)しない性質があるため,とくにプラスチック用の高級顔料として用いられる。【新井 吉衛】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android