コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イソインドリノン顔料 イソインドリノンがんりょうisoindolinone pigment

世界大百科事典 第2版の解説

イソインドリノンがんりょう【イソインドリノン顔料 isoindolinone pigment】

黄色を中心とした高級顔料の一種で,テトラクロロイソインドリノン基が各種の芳香核を経て2個対称形に連結した構造をもつ。芳香核の種類により色は黄~橙~赤に及び,耐光堅牢度,耐熱性が大であり,大きな特徴として有機溶媒やプラスチックに対しブリード(にじみ)しない性質があるため,とくにプラスチック用の高級顔料として用いられる。【新井 吉衛】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android