コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イソガワラ(磯瓦) イソガワラtar spot

世界大百科事典 第2版の解説

イソガワラ【イソガワラ(磯瓦) tar spot】

潮間帯の岩上にみられる小型の褐藻イソガワラ科の1属の名称。岩上に円形の斑点模様をつくり,へばりつくようにして生育する種類が多い(例えば,イソハンモン)が,この属の基本種イソガワラのように殻状部が瓦を重ねたように幾重にもなって,全体として八重咲きの花のような形のものもある。いずれの種類も体は匍匐(ほふく)する組織と直上する組織からなり,組織をつくる細胞は1個の核と1個の板状の褐色の葉緑体をもつ。天然では配偶体と胞子体とがみられ,生活史は同型世代交代である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

イソガワラ(磯瓦)の関連キーワード潮間帯

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android