コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無性世代 むせいせだいasexual generation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

無性世代
むせいせだい
asexual generation

有性世代の対語無性生殖によって繁殖する世代で,特に世代交代の場合にいう。シダ類などの植物では胞子体の時代で,核相からいえば 2n世代に相当する。受精卵に始り,胞子形成直前の減数分裂の起るまでの期間をいう。高等動植物では,この本来の無性世代にあたるものが生活環の大部分を占める主体となっているので,この語は必ずしも妥当でないようにみえることもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

むせいせだい【無性世代】

世代交代を行う生物で、胞子体を生育の主体とする時期。核相では複相の世代で、受精から減数分裂までの期間にあたる。 ⇔ 有性世代

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

無性世代
むせいせだい

世代交代において、無性的に増殖する世代をいう。有性世代に対する語。動物の無性世代では、二分裂や出芽、多数分裂などの無性生殖が行われる。原生動物のゾウリムシやミドリムシは二分裂をし、腔腸(こうちょう)動物のヒドラ、原索動物のサルパは出芽する。また、腔腸動物のミズクラゲは多数分裂によりポリプからエフィラ幼生が遊離する。植物では主として胞子体がこの世代を代表しており、核相は複相(2n)である。[町田武生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の無性世代の言及

【世代交代】より

…海中に浮遊する通常のミズクラゲは有性世代で,卵と精子を生じるが,その受精卵が発達して孵化(ふか)すると,繊毛をもって海中を遊泳するプラヌラplanulaという幼生となる。この幼生はやがて海底に固着して,ポリプ型の無性世代となる。このポリプは成長して横に多くの裂け目を生じ,ちょうど鉢を何枚も重ねたような姿となる。…

※「無性世代」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

無性世代の関連キーワードホーフマイスタームチモ(鞭藻)アカパンカビ維管束植物モニリア病ウミタル隠花植物酵母菌類コケ植物赤かび病シダ植物核相交代羊歯植物サルパ配偶子コケ類生活史藻類カビ子嚢

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android