コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イソコツブムシ いそこつぶむし

1件 の用語解説(イソコツブムシの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イソコツブムシ
いそこつぶむし / 磯小粒虫
[学]Gnorimosphaeroma rayi

節足動物門甲殻綱等脚(とうきゃく)目コツブムシ科に属する水生小動物。淡水の流入する海浜の石の下などに多数密集していることがある。体長は8ミリメートル内外で、雌はやや小さく、雄の胸下に抱かれていることが多い。体は楕円(だえん)形で、背面は灰白色、黄白色、褐色など個体変化に富み、まだら模様があったり、黒色の小点が散在することもある。体毛はなく、体は球形に丸まる。頭部と7胸節は明瞭(めいりょう)に分離しているが、腹節は大部分が融合し、腹尾節は大きな半円形である。日本特産で、各地にごく普通にみられる。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のイソコツブムシの言及

【コツブムシ(小粒虫)】より

…扁平な体を他の物に密着させてはうが,泳ぐのも非常に達者で,背を下にして泳ぐ。コツブムシ科には種類が多く,イソコツブムシGnorimosphaeroma oregonensis,シリケンウミセミDynoides dentisinusなどは汀線(ていせん)付近の石の下に,ニホンコツブムシCymodoce japonica,チビウミセミHolotelson tuberculatusなどは海藻中によく見られるが,なかには自由生活もしている。ヨツバコツブムシSphaeroma retrolaevisは水中の木材に,ナナツバコツブムシS.sieboldiiでは木材のほかに凝灰岩にまで穿孔(せんこう)する。…

※「イソコツブムシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone