イソ吉草酸CoA脱水素酵素

栄養・生化学辞典の解説

イソ吉草酸CoA脱水素酵素

 [EC1.3.99.10].イソバレリルCoAデヒドロゲナーゼともいう.バリンの代謝過程の酵素で,3-メチルブタノイルCoAを3-メチルブタン2-エノイルCoAにする反応を触媒する酵素.フラボ (FAD) タンパク質.骨格筋や肝臓に分布.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android