イタティアイア国立公園(読み)イタティアイアこくりつこうえん(英語表記)Parque Nacional do Itatiaia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブラジル南東部,リオデジャネイロ,ミナスジェライス両州にまたがる国立公園。面積 119km2。 1937年設置された同国で最も古い国立公園で,リオデジャネイロの西北西約 150km,マンティケイラ山脈中に位置し,中央にイタティアイア山 (2787m) がそびえる。野生動物が多く,植物相も豊か。リオデジャネイロ,サンパウロ,ベロオリゾンテの3市のほぼ中間点にあるため,週末などに訪れる人が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android