コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イタリア合理主義(読み)イタリアごうりしゅぎ(英語表記)Italian rationalism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イタリア合理主義
イタリアごうりしゅぎ
Italian rationalism

1920~40年代にイタリアにおいて建築を主導した運動。 1926年 G.テラーニや A.リベラらの組織するグルッポ7が,ヨーロッパ諸国の近代主義建築運動をうしろだてに新建築を目指す論文を発表したのが始りとされる。 28年創刊の建築雑誌『カサベッラ』が論陣を張り,リベラらはイタリア合理主義建築運動 MIARを組織して,28年より展覧会を主催。イタリアにおける政治的,文化的な論争を背景に,独特の近代主義運動が展開された。その規範ともいえる作品が,規則的な構造の枠組みに従った立面の構成を特徴とするテラーニのカサ・デル・ファッショ (ファシストの家) である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android