コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イヌハッカ(犬薄荷) イヌハッカNepeta cataria; catnip; catmint

1件 の用語解説(イヌハッカ(犬薄荷)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イヌハッカ(犬薄荷)
イヌハッカ
Nepeta cataria; catnip; catmint

シソ科多年草。別名チクマハッカ朝鮮半島,中国,西アジアヨーロッパに分布し,本州の中部地方以東に帰化している。路傍に生え,高さ 50~100cm。茎は直立して分枝,方形,中空で葉とともに微毛がある。葉は有柄で対生し,三角状卵形で鋭頭,長さ3~6cm,幅2~3.5cm,縁にあらい鋸歯があり基部は心形,裏面は短毛を密生し白色を帯びる。花期は7~8月。花は茎頂および枝頂に円錐状に密集する。は開出毛があって5裂し,裂片の先は刺状となる。花冠は淡紫色で長さ8~10mm,上下二唇に分れ,下唇の裂片は大きく紫斑がある。分果は楕円形で黒褐色。古くから長野県に知られ,かつてはこの葉を民間薬 (眼薬) として用いたとの記録がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone