コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イヌハッカ(犬薄荷) イヌハッカNepeta cataria; catnip; catmint

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イヌハッカ(犬薄荷)
イヌハッカ
Nepeta cataria; catnip; catmint

シソ科多年草。別名チクマハッカ。朝鮮半島,中国,西アジア,ヨーロッパに分布し,本州の中部地方以東に帰化している。路傍に生え,高さ 50~100cm。茎は直立して分枝方形中空で葉とともに微毛がある。葉は有柄で対生し,三角状卵形で鋭頭,長さ3~6cm,幅2~3.5cm,縁にあらい鋸歯があり基部は心形,裏面は短毛を密生し白色を帯びる。花期は7~8月。花は茎頂および枝頂に円錐状に密集する。は開出毛があって5裂し,裂片の先は刺状となる。花冠は淡紫色で長さ8~10mm,上下二唇に分れ,下唇の裂片は大きく紫斑がある。分果は楕円形黒褐色。古くから長野県に知られ,かつてはこの葉を民間薬 (眼薬) として用いたとの記録がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android