コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イブン・アブド・ラッビフ Ibn ‘Abd Rabbih

1件 の用語解説(イブン・アブド・ラッビフの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

イブン・アブド・ラッビフ【Ibn ‘Abd Rabbih】

860‐940
イベリア半島後ウマイヤ朝に仕え,生涯をコルドバで過ごした宮廷詩人。主君をたたえる頌詩,教訓詩等を残しているが,恋愛詩の一部が評価されるほか,独創性は欠けていた。しかし東方アラブ世界の伝統的詩文を集め,主題別に25巻に編んだ詩華集《類稀なる頸飾り(イクド・アルファリード)》は,西方世界で賞賛をうけ,この地の文学活動に大きな影響を与えた。後には東方世界においても貴重な文献の一つにあげられている。【黒田 寿郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イブン・アブド・ラッビフの関連キーワードイベロアメリカウマイヤ朝後ウマイヤ朝スペイン語ブーシア半島イタリア半島イベリア半島ムアーウィヤアブドアッラフマーンイベリア

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone