コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イブン・アブド・ラッビフ Ibn ‘Abd Rabbih

世界大百科事典 第2版の解説

イブン・アブド・ラッビフ【Ibn ‘Abd Rabbih】

860‐940
イベリア半島の後ウマイヤ朝に仕え,生涯をコルドバで過ごした宮廷詩人。主君をたたえる頌詩,教訓詩等を残しているが,恋愛詩の一部が評価されるほか,独創性は欠けていた。しかし東方アラブ世界の伝統的詩文を集め,主題別に25巻に編んだ詩華集《類稀なる頸飾り(イクド・アルファリード)》は,西方世界で賞賛をうけ,この地の文学活動に大きな影響を与えた。後には東方世界においても貴重な文献の一つにあげられている。【黒田 寿郎】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

イブン・アブド・ラッビフの関連キーワードルーダキーイブン・アブド・ラッビヒ自動車電話イブン・アブド・ラッビヒカラハン朝石清水八幡宮テイラー・スウィフト八丁みそ築地市場横浜ベイブリッジ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android