イブン・アブド・ラッビフ(英語表記)Ibn ‘Abd Rabbih

世界大百科事典 第2版の解説

イブン・アブド・ラッビフ【Ibn ‘Abd Rabbih】

860‐940
イベリア半島の後ウマイヤ朝に仕え,生涯をコルドバで過ごした宮廷詩人。主君をたたえる頌詩,教訓詩等を残しているが,恋愛詩の一部が評価されるほか,独創性は欠けていた。しかし東方アラブ世界の伝統的詩文を集め,主題別に25巻に編んだ詩華集《類稀なる頸飾り(イクド・アルファリード)》は,西方世界で賞賛をうけ,この地の文学活動に大きな影響を与えた。後には東方世界においても貴重な文献の一つにあげられている。【黒田 寿郎】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android